不倫相手と別れて2ヶ月

あれから2ヶ月という歳月が流れました

時刻は只今13時半、昼食も食べ終わり眠くなりそうなこの時間帯には

リビングでテレビを観ながら、あくびをしてするのが日課。
つまり、そんなお気楽な生活を送っている主婦なのです。

 

ふとカレンダーに目をやると本日は2月21日になっていた。
その瞬間、ちょうど2ヶ月前の出来事が脳裏に蘇った。
そう、5歳年下の彼と別れたのは12月21日のことだった。
別れを切り出したのは私の方だった。

 

急に別れを切り出した私に目をまんまるにして彼は言った。
「どうして?何かあったの?旦那にバレたの?」

 

数秒間の沈黙の後、私はゆっくりと言った。
「子供が出来たのよ…。」

 

その瞬間、彼は一体どんな表情でその答えを聞いていたのか私は知らない。
なるべく彼を見ないようにと別に見たくもない窓の景色にぼんやりと目をやっていたから。

 

そしてそれは何分後だっただろうか、記憶は定かではないけども
彼は暴れだしそうな悲しみを堪えるような声で言った。
「うん、わかった。もう会わない方がいいね。」
そしてクルリと背中を向けた彼はその場から静かに立ち去って行った。

 

その間にも私は決して彼に目を向けないようにと努力した。
もしも、ここで彼を見てしまったら私はきっと彼を引き止めるだろうと思っていたから。

 

彼とは約1年くらい不倫をしていた。
彼は独身だったけど私は人妻。
しかし、まだ子供が居なかったからこそ、成立した関係なのだと
お別れから2ヶ月経った今、はっきりと言える。

 

彼が居なければ生きて行けないと頑に思っていた2ヶ月前がやけに懐かしい。
たったの2ヶ月しか経っていないのにやけにあっさり懐かしんでる今の私が妙に心地良かったりする。

 

夫には何の不満もなかった。
夫婦も円満で近所でも噂になるほど仲がいい私達。
子供が出来たとわかって夫は前よりも増して私を大事にしてくれるようになった。

 

じゃあ、どうして不倫なんかしたのか?
それはきっと幸せすぎたからなのかもしれない。
言い換えるならば、平和すぎたのかもしれない。
つまり刺激が欲しかったのかもしれない。
刺激的な恋をするには夫とは正反対のタイプだった彼が良かったのかもしれない。

 

2ヶ月前、彼にお別れを告げて彼が立ち去った後、私はもう沢山だというくらいに泣いていた。
目が腫れてすぐには帰れない状態だったので夫に連絡をして確か21時頃、帰宅した。

 

何も知らない夫はいつも通りに優しく
「おかえり。」と私を迎えてくれた。
その「おかえり。」の響きに私の帰る場所はここだということを確信した。

 

 

その後も彼のことはよく思い出したし、また会いたいとも思ったりした日もあったけど
2ヶ月経った今、私はポカンとしてマタニティーな雑誌


不倫の行く末を占う無料不倫占い♪


当たると評判の無料不倫占いです!
猫の占い師があなたの不倫について占ってくれます♪
登録不要の簡単占いですので、是非、試してくださいね。

あなたのお名前(必須)


あなたの性別
女性 男性

不倫相手のお名前(必須)


よく読まれているページ

 

不倫に悩むあなたのための解決方法

電話占いで幸せをゲット!

不倫専門の占い師の先生も在籍!

別れたい人も続けたい人も、まず電話占いで相談してみてください!

 

▽当たる電話占いランキングならココ▽